仏 殿ぶつでん

天正17年(1589)耳峯玄熊じほうげんゆう和尚によって中興され、寛文13年に改修された。
正面三間の桟唐戸は外に開く。両端には丸窓があるが、これは黄檗宗おうばくしゅうの影響と云うよりも栄西禅師が渡った南宋の寺院では丸窓が多く見られることに拠るものと考えられる。800年遠諱(平成26年)大法要を行うに当たり、2年余の歳月をかけ増築を行い、平成24年9月8日落慶法要が行われた。古来の禅宗様式を残し、丈六三世仏(釈迦、弥勒、弥陀)を再現安座した。鎌倉時代創建当時の姿をとりもどした。三世仏は丈六(4m80cm)では珍しい乾漆で造られている。天井「龍」の彫刻も狩野安信かのうやすのぶ(探幽の末弟)の画を木彫りに改められた。仏殿では、毎月15日に祝聖しゅくしんが行われます。

三世仏

三世仏(左から 弥陀、釈迦、弥勒)

開山堂(千光祖師栄西禅師)

開山堂(千光祖師栄西禅師)

釈迦涅槃像

釈迦涅槃像

釈迦出山像

釈迦出山像

雲龍図(木彫の龍)

雲龍図(木彫の龍)

開祖 源頼朝公の位牌

開祖 源頼朝公の位牌

下記より全方位画像をご覧になれます