聖福寺ゆかりの人

満田彌三右衛門

満田彌三右衛門 建仁2年(1202)10月15日生で弘安5年(1282)8月25日に没しています。33歳の時、南宋に渡り、織物、箔焼などを習得して帰国した。特に博多織の祖として有...

詳しくはこちら

王 藤内 小早川隆景

王 藤内 小早川隆景 王 藤内 供養塔(左) 栄西禅師の俗弟と言われている。蘇我兄弟仇討のとばっちりを受けて建久4年(1193)5月、命を落としたと伝えられている以外は殆ど不明...

詳しくはこちら

松壽君

松壽君 天正18年(1590)生、月日不詳、慶長8年(1603)3月1日没、法名「大通院殿雲澤宗龍大禅定門」、黒田如水の娘長政の妹の子「松壽君」が亡くなり葬儀を第111代九皐宗畴...

詳しくはこちら

平岡浩太郎

平岡浩太郎 嘉永4年(1851)6月23日生、明治39年(1906)10月24日没。法名「恵海院正專浩徳居士」、明治11年自由民権運動に参加し進藤喜平太と共に向陽社を組織し、明治...

詳しくはこちら

廣田弘毅

廣田弘毅 明治11年(1878)2月14日生、昭和23年(1948)12月23日没、幼名を丈太郎といい法名は「弘徳院殿悟道正徹大居士」福岡での旧跡を紹介します。天神3ー16-10...

詳しくはこちら

小河信章

小河伝右衛門信章 挑戦の役に従軍し、小西行長在番の平壌と黒田長政在番の白川とのつなぎの城を預かる。小西軍が明鮮軍に敗れ後退するも、伝右衛門は主君の命令無しに下がれぬと敵を食い止め...

詳しくはこちら