小河伝右衛門信章

朝鮮の役に従軍し、小西行長在番の平壌と黒田長政在番の白川とのつなぎの城を預かる。小西軍が明鮮軍に敗れ後退するも、伝右衛門は主君の命令無しに下がれぬと敵を食い止めた。行長は日本一の大剛の大将は黒田、日本一の勇士は小河伝右衛門と称賛した。

小河傳右衛門信章

小河傳右衛門信章(福岡市博物館蔵)